副作用のない安全性の高い美白美容液を選ぶポイント

シミ・美白美容液の副作用

 

シミを防ぐ美白美容液を選ぶときは「ハイドロキノンの刺激性に注意」「無添加成分に注目」「薬機法を知っておく」のポイントを押さえておくと良いですよ。

スキンケアコスメは直接顔に塗るものだから、肌荒れやニキビ、刺激性などの副作用が出ると辛いですよね。

美白有効成分の配合されている医薬部外品の美容液は、化粧品基準によって配合濃度など厳格な基準が設けられています。だから、日本で販売されている美容液に関しては、基本的には安全性は高いです。

しかし、ハイドロキノンのような強力な成分や防腐剤などの添加物は、人によっては肌トラブルを起こす可能性もあるので気を付けておくに越したことはありません。

また、「シミが消える」などの違法な宣伝文句に釣られて美白化粧品を購入してしまうのもよくありません。

このような点に気を付けて美白美容液を選んで、シミやくすみのない明るい肌を目指しましょう。

[美白美容液/副作用]ハイドロキノンの刺激性に注意

ハイドロキノンは別名「肌の漂白剤」とも呼ばれていて、アメリカでは古くからシミの治療に用いられています。

日本では2001年から一般化粧品にも低濃度ですが、配合できるようになりました。

しかし、ハイドロキノンには人によっては刺激性がある場合もあり、高濃度の使用には医師の処方が必要になる成分です。

一般化粧品に配合できるハイドロキノンは上限が低濃度に設定されていますが、肌が敏感な人は低濃度でも刺激を感じてしまう場合もあるので注意が必要です。

ハイドロキノンを配合している美容液やクリームは日本では少ないですが、初めて使用する場合はパッチテストなどを行い、自分の肌に合うか確かめてから使用するのが安全です。

ちなみにハイドロキノンは、安全性にやや懸念があるので、厚生労働省も「有効成分」として認可していません。

ハイドロキノンによる副作用「炎症」

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれるくらい強い成分です。ですから、人によっては刺激を感じてしまうこともあります。

ハイドロキノンに刺激を感じてしまう人がその化粧品を使用し続けてしまうと、かぶれや赤みといった「炎症」を引き起こすリスクもあるので注意が必要です。

炎症は長く放置しておくと色素沈着を起こして、新たなシミやくすみをつくる原因にもなってしまいます。

したがって、ハイドロキノン配合の美容液やクリームを使用する前は、顔以外の部位(腕など)でパッチテストを行って、肌に刺激がないか確認しましょう。

パッチテストをしてから48時間以上肌に異常がなければ、顔に使用しても問題はないでしょう。ただし、そのときの体調や肌の調子によっても刺激の感じ方は違うので、注意しながら使用するに越したことはありません。

白斑のリスクとハイドロキノン

私たちの肌はメラニン色素という色素によって、紫外線から肌を防御しています。そして、メラニン色素はメラノサイトという色素細胞からつくられています。しかし、自分のメラノサイトに対して抗体がつくられ破壊された結果、メラニン色素を生成することができなくなり、肌の色が白く抜けてしまうのです。 -引用:メディカルノート

副作用の白斑とは、シミの原因となるメラノサイトを抑制しすぎてしまい、メラニンの生成がまったくなくなり、白い斑点が肌表面に現れてしまうことです。

ハイドロキノンは、メラニンの生成を抑制しすぎてしまい、副作用である「白斑」を起こすリスクがあると指摘されていました。

しかし、実際にはこれまでハイドロキノンで白斑が起こったという報告はひとつもないので、一般の美白化粧品に含まれる程度の濃度では安全だと言えます。

白斑のリスクがあると考えられる要因は、ハイドロキノンではなく、構造や名前がそっくりな「ハイドロキノンベンジンエーテル」という成分が、過去に白斑を起こしたことがあるからです。

つまり、ハイドロキノンは重大な副作用を警戒するほど危険な成分ではなく、一般の化粧品には低濃度でしか配合されていないので白斑が起こるリスクは極めて低いでしょう。

ハイドロキノンと聞くだけで不安になる人もいますが、肌に刺激がなく使える人であれば、安全性は高いです。

ハイドロキノン使用時の注意

ハイドロキノンは肌に刺激がなければ、シミの予防に有効です。しかし、肌に合う場合でも使用上に関して注意する点があります。

シミの原因となるメラニン色素は、一般的に悪いイメージがありますが、実は肌を黒くする(日焼け)ことで有害な紫外線から肌を守る役割をしています。

メラニン色素の色が、紫外線を肌の奥に届きにくくするバリアの役割をしているわけです。ただ、そのメラニンが過剰に出たり、ターンオーバーの衰えによって蓄積することによって、肌にとどまってシミになるというわけです。

ハイドロキノンはメラニンを抑制してシミを防ぎますが、そのパワーが強力なので、ハイドロキノンを塗布したまま紫外線を肌に受けると、肌を守るはずのメラニンが生成されずに、肌に大きなダメージを与えてしまいます。

肌がダメージを受けると、活性酸素が生成され、メラニンの過剰生成が起こってしまいます。これではかえってシミを増やす結果になりますよね。

したがって、ハイドロキノン配合の美容液を使ってから外出する場合は、日焼け止めクリームや日傘、帽子などで紫外線から肌を十分に守る必要があります。

 

また、ハイドロキノンは酸化しやすく、酸化すると性質が変化することがわかっています。

ハイドロキノンが劣化して変質すると、メラニンの生成を抑える力も弱くなるばかりか、肌に悪影響を与えてしまう恐れもあります。

ハイドロキノン配合の美容液の開封後は、できるだけ空気に触れないように保管し、開封後は1~2ヵ月で使い切ってしまうようにしましょう。

[美白美容液/副作用]無添加成分に注目しよう

美白美容液を選ぶときに、肌トラブルや副作用が起こらない安全性の高いものを使いたいと誰もが思うことですよね。

美容液を選ぶときに「無添加」という言葉だけで安全と思ってしまいがちですが、無添加だからといって必ずしも安全ということではありません。

無添加という言葉が使われるのは、厚生労働省が指定したリスクのある成分が配合されていない場合です。しかし、その成分がひとつでも入っていなければ「無添加」と言えてしまうのです。

例えば、合成香料とパラベンのうち、パラベンが不使用なら「パラベン無添加」と表記できます。しかし、実際には合成香料(添加物)は入っています。

このように単純に「無添加」だから絶対「安全」ではないので、全成分表示などをよく確認して自分に合った美容液を選ぶようにしましょう。

関連記事:美白美容液のおすすめランキング

化粧品添加物の役割と安全性

化粧品に含まれる添加物は、品質を安定化させ、劣化を防ぐ目的で配合されています。

例えば美容液に含まれる水分と油分は、普通は混ざらないのですが、界面活性剤のような添加物を入れることによってうまく混ざり合い、分離することなく安定したテクスチャにすることができます。

さらに防腐剤は、化粧品の酸化を防いだり、雑菌の繁殖を防ぎ、開封後も品質を長く維持する役割を果たしています。

このように、化粧品添加物は決して悪いものではなく、むしろ化粧品の安全性を高めているわけです。

ただ、敏感肌や乾燥肌など肌トラブルを抱えた人が使用した場合、刺激を与えることもあるので、不安になる人もいるというわけです。

日本では厚生労働省の化粧品基準によって、添加物の成分を特定しており、化粧品に配合できる安全な濃度も設定されています。

参考:化粧品基準|厚生労働省

[美白美容液/副作用]添加物1.アルコール(エタノール)

「アルコールフリー」とか「アルコール不使用」と書かれた美容液を見たことありますよね。

アルコールとは成分表示上では「エタノール」と表記される成分で、防腐剤や、油分と水分を混ざりやすくする乳化剤、収れん作用や清涼感を出すなど、いろいろな目的で配合されます。

エタノールは揮発性が高い(蒸発しやすい)成分なので、肌表面に塗布すると、肌の上にある油分や水分を一緒に蒸発させてしまいます。そうなると肌は乾燥しやすくなるので、肌トラブルの原因になる懸念があります。

ちなみに「フェノキシエタノール」や「ステアリルアルコール」のような成分にも「アルコール」という名がついてますが、これらは分子構造的にアルコールではありません。

[美白美容液/副作用]添加物2.防腐剤

パラベンやフェノキシエタノールのような防腐剤成分は、美容液が劣化・酸化しないように配合されています。

また、美容液には雑菌のエサとなる栄養素もたっぷり含まれているので、殺菌作用や抗菌作用がある防腐剤を配合していないと、劣化しやすくなります。

しかし、「殺菌作用=生物を殺すパワーがある」すなわち、肌の細胞にも少なからず刺激を与える可能性があるとも考えられますよね。

だから、防腐剤は美容液の品質を保つという大事な役割もあるのですが、人によっては刺激になる可能性もあるわけです。

防腐剤は化粧品基準によって、化粧品に配合できる濃度の上限が決まっています。

防腐剤成分 濃度上限
パラベン類 1.00%
フェノキシエタノール 1.00%
安息香酸 0.20%
サリチル酸 0.20%
イソプロピルメチルフェノール 0.10%
ヒノキチオール 0.10%
メチルイソチアゾリノン 0.01%

この表では濃度上限が多い、つまりたくさん配合できる防腐剤ほど「安全性が高い」ものということになります。

化粧品は未開封で3年以上品質が変わらない場合に限り、消費期限や製造日を記載しなくていいと薬機法で定められています。

化粧品に消費期限を書いているものはあまりみかけませんよね。逆に言えば、消費期限が書かれていない化粧品には、何らかの防腐剤が入っているということになります。

[美白美容液/副作用]添加物3.合成着色料

美容液などのスキンケア化粧品(基礎化粧品)では、添加物である合成着色料を使用することはほとんどありません。

着色料は色を付ける成分ですが、スキンケアの化粧品には色を付ける意味がないですよね。ただ、色調を統一するために、安全性の高い天然由来の着色料で色味を整えるということはありますが、その場合は添加物とはなりません。

合成着色料は主にチークやマスカラ、ファンデーションなど、色が大事な要素となるメイクをするアイテムに配合されます。

ただ、女性はメイクをするのが日常的なので、普段使っているメイク化粧品にどんな顔料や染料が使用されているのか知っておくことも大切です。

美白美容液を使用するときには、クレンジングでしっかりとメイクを落としておきましょう。合成着色料が肌に残っている状態だと、美容液の効果が十分に発揮できない可能性もありますからね。

[美白美容液/副作用]添加物4.香料

香料には大きく分けて人工香料(合成香料)と天然香料があります。どちらも原料が異なるだけで、化学的な方法を用いて生成・抽出される香りの成分です。

香料には様々な種類があり、その数は 4000 種類を越す。しかし、香料は喘息を誘発する物質から神経毒物や発癌物質まで含んでいる。
化粧品は成分を容器などに記載することになっているが、香料の個々の成分は企業秘密であると見なされ、表示されていない。 ー香料の健康影響より

美容液に使用される香料は、単純に香りによる使い心地とリラックス効果のために配合されています。

しかし、上記のように香料は種類が多く、すべての成分において十分に安全が確認されているとは言えないので、副作用のリスクはゼロではありません。

美容液などの基礎化粧品は、肌の保湿や美肌を導くことを目的としているので、香りは全く必要が無いものです。

したがって、美容液を選ぶときには不必要な香料が入っているものよりも、「香料不使用」の美容液を選ぶほうがより安全性が高いと言えるでしょう。

[美白美容液/副作用]添加物5.紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、紫外線を含む太陽光線を吸収し、それを熱エネルギーなどに変換してしまう成分です。似たような成分で紫外線を跳ね返す「紫外線散乱剤」という添加物もあります。

美白美容液に配合されることはありませんが、最近流行りの美容液ファンデや美白クリーム、美白化粧下地などUVカット機能があるものには配合されることがあります。

だから、日焼け止めクリームには配合されることが多いです。シミ予防には紫外線対策は必須ですが、紫外線吸収剤の場合、熱変換するときに肌の水分を蒸発させてしまい、肌が乾燥肌に傾く可能性があります。

さらに紫外線吸収剤そのものに刺激性を感じてしまう人もいるので、敏感肌など肌トラブルを抱えている人は注意が必要です。

[美白美容液/副作用]薬機法を知っておこう

薬機法は化粧品を使う人の安全や利益を守るために定められた法律で、正式名称は「医薬品・医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」です。従来の薬事法が改正されたものになります。

美白化粧品の「美白」という表現は、有効成分が入っている「医薬部外品」や「薬用」の化粧品でしか表記することができないのも、薬機法による規則です。

また、シミが「消える」「剥がれる」のような、あたかもシミが無くなるという医薬品や治療のような効果を宣伝・表現することも禁止されています。

ネット広告や新聞チラシ、テレビショッピングなどで、過剰な効果を表現しているものがあれば、それは薬機法違反の可能性もあるのです。そういった不誠実な企業から美容液等を購入するのは、安全ではないと心得ておきましょう。

参考:薬機法

基礎化粧品の全成分表示義務

シミを予防する美白美容液など肌に直接塗る化粧品に対しては、法律で全成分の表示が義務付けられています。

ただし、厚生労働省が承認した有効成分が配合された「医薬部外品」や「薬用」は全成分表示義務はありません。医薬部外品や薬用化粧品は、もともと基準が厳しいので、表示しなくても安全が担保されているためです。

全成分表示が義務付けられる前は、厚生労働省が指定したリスクのある成分(旧表示指定成分)のみ表示しなければならないルールでした。

しかし、新しい成分がどんどん開発されたり、利用者の不利益をできるだけ無くすために、全成分表示が義務化されたわけです。

ただ、全成分表示になったことで、リスクのある成分を素人が判別しにくくなるというデメリットもあり、安全に美容液を選ぶには利用者側にも知識が必要になっています。

 

また、全成分の表示が義務付けられてはいますが、原料そのものに含まれるキャリーオーバー成分については表示は省略されています。

さらに、香料についても種類が膨大にあるため、成分表示上では「香料」とひとまとめに表記しても良いことになっています。

 

※当サイトで表記している「美白」とは、メラニンの生成を抑えて、シミ・そばかすを予防することです。